若狭 民宿 四季の宿 上亟


とらふぐ王国
 魚も昼寝をします。
  あなたも四季の宿 上亟(うえじょう)で
            ゆったりしてみませんか。
        若狭の地酒をチビチビやりながら
                海の幸を御賞味下さい。

いのくま 四季の宿 上亟“うえじょう”
”
若狭上中IC〜田烏〜阿納までの海岸沿いは梅〜桜が見頃です。

春の犬熊海岸

若狭若布の収穫が始まり、海に春の香りが漂います。梅〜桜〜みずみずしい新緑と変わる山沿いと青い海のコントラストが美しい阿納〜犬熊の国道162号線沿いは、恰好のドライブコースです。
春の犬熊海岸・若布干し
いらっしゃい。私がうえじょうのオヤジです。砂質NO1.の犬熊海水浴場は犬熊の自慢です。
春、夏は若狭湾の旬の活魚満載のお造り、舟盛がお薦めです。
秋、冬は若狭ふぐ、ずわいがに,、また、若狭がれいをはじめとする干しかれいはとても美味!
当館で御堪能下さい。
鯛舟盛
ふぐかに料理 ふぐ料理 かに料理
鯛
 タイ 
タイ科 古来わが国の魚の王座に置かれ、祝いの席に欠かせない。淡白な白身のため刺身のほか塩焼、潮汁、あら炊きなどが美味。 (タイはキスをする!!...主人に聞いて下さい。)
お造りはなんといっても鯛!!若狭の海が育てた鯛を御堪能下さい。
ヒラメ
 ヒラメ 
ヒラメ科 ひらめの子の眼は体の両側にあるが、体長12mm頃から右眼が移動し始め、16mmで左側に両眼が並ぶ。ヒラメとカレイの区別は両眼の位置で、「左ヒラメに右カレイ」という。 ヒラメの縁側は口当りが良く絶品。頭の良くなるDHAに富む。
鯛と並ぶ刺身の王様!!ピチピチ、コリコリの食感は最高です。


第三美穂丸で釣り三昧 第三美穂丸
若狭湾は魚の宝庫!第三美穂丸で釣りスポットへ御案内します。
4月〜11月までの営業です。


若狭わかめ 犬熊特産・若狭わかめ
すべて手作業で日干しされた天然わかめです。
湯に入れると、鮮やかな緑に変身!お日様と潮の香りがいっぱいに広がります。
あぶってご飯にふりかけても美味しいです。


===========
  御 案 内  
===========


施設 | 料理 | 料金 | 釣り | 交通 | 予約 | レジャー

<< 一口ものしりメモ / カニの上手な召し上がり方 >>

===============================

おさかな物知り事典 
かに
ズワイガニ
クモガニ科。カニは大きいオスがズワイガニ、小さいメスがセイコガ二。(地元ではメスをコッペガニという)とても美味しい冬の味覚の王様。
若狭ふぐ
  フ グ  
マフグ科 腹を膨らます習性から「フク」→「フグ」となった。
冬にもっとも旨く一度知ったら忘れられぬ味。ヒレ酒がうまい〜!!
★てっぽう フグの毒に「あたると死ぬ」ことから、ふぐを「てっぽう」とよぶ。
★てっちり フグのチリ鍋で、チリチリと土鍋のなる音からくる。
★ひ れ 酒 フグヒレの干物を香ばしくあぶり熱燗の酒を注いで飲む。
鯛
  タ イ  
タイ科。 古来わが国の魚の王座に置かれ、祝いの席に欠かせない。淡白な白身のため刺身のほか塩焼、潮汁、あら炊きなどが美味。
(タイはキスをする!!...主人に聞いて下さい。)
こぶ鯛
 コブダイ 
コブがある。地元ではムクジ
ひらめ
  ヒラメ  
ヒラメ科。 ひらめの子の眼は体の両側にあるが、体長12mm頃から右眼が移動し始め、16mmで左側に両眼が並ぶ。ヒラメとカレイの区別は両眼の位置で、「左ヒラメに右カレイ」という。
ヒラメの縁側は口当りが良く絶品。頭の良くなるDHAに富む。
若狭がれい
若狭カレイ
ヒラメ科。 アマガレイと呼ぶくらい甘味があるので重宝される。塩干ししたものをさっとあぶるのが最高の味。
あわび
  アワビ  
ミミガイ科。 貝殻の孔は呼吸孔で、3〜5個ある。夏が一番おおいしく、刺身、ステーキなど格別。
「磯のアワビの片思い」
アワビの貝がらは1枚しかないことから、自分の方は恋慕っていても、先方は自分のことを思ってもくれない片恋にたとえていう。
さざえ
  サザエ  
リュウテン科。 苦味のある先端が一番旨い。生きたまま身を殻から出すには、器の上に渡した2本の箸の上にうつ伏せにしておくと取り出しやすいので一度お試しあれ。
甘海老
 アマエビ 
タラバエビ科。 オスからメスに性転換する珍しいエビで、大きいものは全て雌。なんともいえぬ甘みが特徴だが、これはアミノ酸の一種グリシンで、この量が多いほど肉は美味。
あかいか
 アカイカ 
ヤリイカ科。 成長すると、胴の長さは45cmにもなる。雄の第4右腕は生殖腕で、先端が太くなり、吸盤が退化している。
イカは胴が頭に見えるため、上と思っている人も多いが、脚のある方が上。刺身のほか、胴部を開いて素乾しにした水スルメ、胴を裂かずに丸干しした袋スルメ、酢の物など。
ぶり
  ブ リ  
アジ科。 15cmまでをツバス、30cm前後をイナダ、40cm前後をハマチ、90cm以上に達したものをブリと、成長に従い呼称が変化するため、出世魚と呼ぶ。
刺身、煮付け、照り焼きなど美味。
蛸
  タ コ  
タコ科。 マダコは60cm、ミズダコは3mにもなる。生きた魚貝やエビ、カニを食べる。ゆでて三杯酢で賞味。
(監修:矢野勲 福井県立大学教授)
おさかな物知り事典・プリント専用ページへ  

若狭小浜 四季の宿 上亟“うえじょう”
〒917-0104 福井県小浜市犬熊 (いのくま) 16-13  
TEL   0770-54-3136
フリーダイヤル0120-44-3136
E-Mail u-jyo-05@ma.cho.ne.jp